JAやすらぎ会館 家族葬 体験

JAやすらぎ会館で家族葬

見逃せないオススメ情報!


JAやすらぎ会館で家族葬体験談。

JAやすらぎ会館で家族葬体験談。

 

義母の葬儀をJAやすらぎ会館で執り行いました。

 

家族葬です。

 

義父、義妹、
妻と子どもたち、私。

 

6人だけで落ち着いて穏やかに送ることができました。

 

家族葬を体験して思う事は
本当に身近な家族や親族だけで行う葬儀は
優しい気持ちになれることや
落ち着いて穏やかな時間を過ごせるのが
とても良い葬儀だと感じれます。

 

父を送った葬儀も限られた親族だけでしたが
それでも、20人以上集まったので
多少なりとも慌ただしさはありました。

 

しかし、
義母の葬儀では
6人以外に親族はいますが
誰にも知らせずに行いました。

 

 

後々、知らせなかったことに対して
いろいろと文句や小言を言われて
揉めるもとだというような話もありますが、
そういう部分は全く気にしていません。

 

なぜなら、
親族といっても
高齢であったり、
全くといっていいぐらい付き合いがなかったり、
また、付き合いがあっても
馬が合わなかったりするので
そういう縁遠い親族に
何かを言われることなど
全く無視できるぐらいだからです。

 

心から義母を慈しむ気持ちを持つ方は
まず、そんなことでとやかく言うことはありません。

 

また、葬儀を行った会館の方も
本当によくしていただいて感謝の気持ちしかありません。

 

ここぞとばかりにかさむ費用を勧めることもなく、
こちらの意向をよくくみ取っていただけたので
良かったです。

 

葬儀は、豪華に高額にしようと思えばいくらでもできますが、
最小限に抑えるのは難しい部分もあります。

 

しかし、
いくつも葬儀社で見積もったり
話を聞かせていただいた中で
価格を抑えても貧相であったり
雑であったり、
「えっ?」と疑問に思うような状態だったり
厳かでなかったり、
いろいろあります。

 

なので、
いくつかめぼしいところで
見積や見学は必要だと思います。

 

父の家族葬はリビングスタイルの葬儀会場を選びました。
義母の家族葬は、リビング一体化ではありませんが
家族だけがくつろげる部屋(キッチや風呂付き)と
葬儀用の小さなホールがある会館でした。

 

どちらも家族での葬儀としては
問題なく、価格も抑えることができ
通夜や告別式も行えて
心のこもったお葬式ができました。

 

もし、
家族葬を望まれるのであれば
できるだけ少ない人数で行うのが良いと思います。

 

本当にゆっくりと心を込めて見送ることができますから
後悔するようなことにはならないと思います。

 

最後のひと時ですからね。

 

 

JAやすらぎ会館で家族葬の流れと費用を説明します。

 

 

JAやすらぎ会館で家族葬の葬儀会場見学&説明

 ↓↓↓

葬儀会社へ臨終の連絡(日曜日の朝9時頃)

 ↓↓↓

病院から遺体の搬送(11時前)
と死亡診断書の受け取り

 ↓↓↓

JAやすらぎ会館へ遺体安置&葬儀説明と打ち合わせ
(家族控え室にて)

 ↓↓↓

お寺に連絡して葬儀の時間など決める。
そして、すぐに火葬のための斎場を予約。

 ↓↓↓

午後14時〜15時頃枕経。
そのあと、
お坊さんと告別式の打ち合わせ。

 ↓↓↓

その日は、帰宅して通夜、告別式のための準備。

 ↓↓↓

翌日の朝から家族控え室にて過ごし、
11時頃、納棺の儀式。

 ↓↓↓

18時頃、家族だけで通夜式を
JAやすらぎ会館の小さなホールで行う。

 ↓↓↓

その後、家族だけで和やかに通夜ぶるまい。
義父と義妹が宿泊。

 ↓↓↓

翌日JAやすらぎ会館の小さなホールで11時から告別式。
12時30分に会館から10〜20分の距離にある火葬場へ。

 ↓↓↓

その後、会館へ戻り会食(精進落とし)。
14時30分頃、火葬場へお骨上げ。

 ↓↓↓

数日後、葬儀費用の支払いを済ませる。

 

 

ちなみに、葬儀費用は
約35万円
(JAやすらぎ会館への支払い)

 

ちなみに、お布施などは
37万円(真言宗による費用)

 

 

トータルで70万強の費用が必要です。

 

 

 

 

 

 家族葬の会場を事前に調べておきましょう!

 

コチラのサイトで簡単に資料請求できますからね。
※5000円割引券付きです。
あっ、エンディングノートももらえますよ。

 

 

全国対応のシンプルなお葬式 16.3万円?

 

 

全国葬儀社検索対応!【葬儀レビ】資料請求プログラム

 

葬儀のことでお悩みの方には【葬儀レビ】

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ