誤嚥性肺炎 余命

誤嚥性肺炎 余命

見逃せないオススメ情報!

いい葬儀 バナー

誤嚥性肺炎 余命。

誤嚥性肺炎 余命。

 

高齢者、誤嚥性肺炎が原因で死亡。

 

父の死因もこれが原因でした。

 

危篤状態のときには、
もう意識は無く、下顎を動かして呼吸をしている状態でした。
こういう状態になると、
あとは、心臓の機能と肺の機能が持つまで
そばで見守るしかないようです・・・。

 

父の場合は、意識も無くなり、
下顎を動かして呼吸をしている状態で、
まる1日ぐらいで臨終の時を迎えました。

 

その時は、
そういうふうに亡くなるとは想像できませんでした。

 

「まさか・・・」

 

そんな気持ちだったように思います。

 

父の場合は、下半身が弱り、
立てない、歩けない状態になり
誤嚥性肺炎で亡くなったわけですが、
誤嚥性肺炎での余命宣告を受けたわけではありません。

 

しかし、
高齢者の死亡原因に肺炎が多いようです。
また高齢者の肺炎とも言えるぐらい、
この誤嚥性肺炎が高齢者に多い病気です。

 

なので、死亡率も高いのでしょう。

 

また、脳梗塞や認知症、パーキンソン病などの
脳疾患患者で誤嚥性肺炎が多く見られるようです。

 

もしも、そのような病気を患ったなら、
誤嚥性肺炎にはくれぐれも気をつけましょう。

 

 

ちなみに、
日本人の死亡原因の第4位は肺炎だそうです。
また、
肺炎で死亡する人の94%は75歳以上の高齢者だそうです。
ということで、
誤嚥性肺炎で死亡する高齢者の死亡率は高いと思われます。

 

誤嚥性肺炎の余命は、人それぞれかもしれませんが、
高齢者の場合、余命は短いと思われますね。

 

誤嚥性肺炎でなくなる前に、
できることを十分にしてあげる気持ちが大切な気がします。

 

 

 

「まさか?誤嚥性肺炎で死亡するなんて・・・」

 

 

 

そういう事は、なかなか想像できませんからね。

 

 

 

 リビング葬の会場を事前に調べておきましょう!

 

いい葬儀 バナー

 

健康人ネット

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ