家族葬 会社

家族葬 会社へ連絡は?

見逃せないオススメ情報!


家族葬 会社へ連絡は?

家族葬 会社へ連絡は?

 

家族葬の場合、会社への連絡はどうするべきか?

 

少々悩みますよね。

 

家族葬だった場合、親しい身内や家族だけで葬儀を行いたい。
そういう意味で、家族葬をするわけですから、
ある意味、会社関係などの仕事に関わる人や友人知人、
隣保で付き合いのある人など、
極力参列して欲しくない。

 

そういう考えかもしれないわけです。

 

だとしたら、家族葬なら会社に連絡しないほうがいいのでは?

 

そう思いますよね。

 

もちろん、葬儀は故人の意向やその家族の希望で行われるわけですから
そういう気持ちを理解していなければならないわけです。

 

しかし、例えば、
父や母が亡くなって、その子供である貴方は会社を休んで葬儀に参列するのなら、
会社への連絡は必要となります。

 

その場合、公休扱いになるでしょう。

 

だとしたら、親の葬儀があることは会社に知られることになるのです。

 

こうなると、会社側は、直近の上司や部下などあなたに近い仕事関係者の参列や弔電を打つでしょう。

 

こうなると家族葬でゆっくりと故人との別れをするはずが、
会葬者の対応で落ち着かない葬儀となってしまうわけです。

 

そこで、家族葬をする場合の会社への連絡方法としてコレを守れば全てうまくいく方法を簡単にお伝えします。

 

 

 

その方法は?

 

 

 

「故人の意思を尊重して家族葬で行いますので、弔電や香典はご遠慮願います。」

 

そう伝えて、究極のポイントとして最も大事な事!!

 

それは、

 

葬儀の時間や場所を伝えない!!

 

 

大きな会社の場合、葬祭規定などで香典や弔電等が
誰の名義でいくら送るかなど決まっていることが多く、
そういうことを理解した上で、総務担当と相談しましょう。

 

その時に「故人の意思を尊重して家族葬で行いますので、弔電や香典はご遠慮願います。」と伝えて、
葬儀の時間や場所を伏せておけばいいのです。

 

 

ただ、会社によってはどこで誰の葬儀なのか
詳しく報告しなければ公休扱いされずに
無断欠勤となることもありますので、
そういう場合は、家族葬という意向をしっかりと説明して、
くれぐれも参列は遠慮してもらいましょう。

 

家族葬の場合、香典はもちろんのこと供花もお断りしますが、
弔電は届くかもしれません。その場合はさすがに拒否はしなくていいでしょう。

 

 

とにかく、家族葬でも会社への連絡は必要です。

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ