廃用身 久坂部羊

廃用身 久坂部羊

見逃せないオススメ情報!


廃用身 久坂部羊

「廃用身」 (幻冬舎文庫) 久坂部羊

 

 

廃用身 [ 久坂部羊 ] (幻冬舎文庫) 

 

高齢化社会に対して衝撃を与える本ですよね。

 

廃用身

 

まだまだ子育て中の生活なので
親の介護はしっかり対応できていなかった。

 

そんな時期に読んだ本でしたが、
我が家では、母親が父親の老老介護だったように思います。

 

父親は足が悪くなり、母だけで世話をするのが困難なたことで
病院へ入院しましたが、このような本を読むことで
様々な思いや考えが浮かびました。

 

父が亡くなったことで、介護という生活は今はありませんが、
いずれ、母の介護が問題になるかもしれません。

 

自分自身が生きて、子育てをして親の介護をして・・・
いずれ、自分自身も介護される立場になり死んでいく。

 

そういう繰り返しが一人の人生であるわけですが、
生き方を整理するうえでも、
「廃用身」のような高齢化社会に対する問題や思いを意識しつつ終活したいと思います。

 

現代の医療の進歩に心がどこまでついていけるのか?
そういうことも考慮しなが、お葬式のことを考えると・・・。

 

やっぱり、心穏やかな別れがいいと思います。

 

誰にでも起こりうる介護の問題ですから、
そういうことを意識して直面するような時までに
終活でのお葬式問題は解決しておきましょう。

 

和やかなお別れができるのはやはり家族葬だと思います。

 

 家族葬の葬儀会場を事前に調べておきましょう!

 

コチラのサイトで簡単に資料請求できますからね。
※5000円割引券付きです。
あっ、エンディングノートももらえますよ。

 

 

全国対応のシンプルなお葬式 16.3万円?

 

 

全国葬儀社検索対応!【葬儀レビ】資料請求プログラム

 

葬儀のことでお悩みの方には【葬儀レビ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ