相続税 申告

相続税 申告!これで課税なし!

見逃せないオススメ情報!

いい葬儀 バナー

相続税 申告!これで課税なし!

相続税 申告!これで課税なし!

 

「父がなくなると、相続税が心配だ!」

 

 

こんなセリフは、少数の資産家にしか当てはまらないのが実情でした。

 

事実、
相続税が課税される対象となる被相続人(死亡者)は3013年では4%程度。

 

100人の方がお亡くなりなっても、そのうち4.3人しか課税対象ではなかったのです。

 

しかし、2015年以降、相続税の基礎控除額が縮小されたのです。

 

つまり、相続税の課税される人の割合が増えることになるのです。

 

また、平成27年1月1日以後の相続について基礎控除額や税率等が変更されました。

 

およそ下記のような相続税の計算です。

相続税のかからない範囲は?

 

基礎控除額が、3,000万円+600万円×法定相続人の数です。

 

たとえば、法定相続人が妻と子供2人の場合の基礎控除額は、
3,000万+600万×3人=4,800万円 となるのです。

 

尚、生命保険金や死亡退職金の非課税限度額・・・それぞれ500万円×法定相続人の数です。
(生命保険金や死亡退職金はそれぞれ非課税限度額を超えた分が加算されます)

 

 

しかし、こうして見ると・・・・。

 

これでも相続税の心配をしなければならない人は少ないでしょう。

 

目に見えて残る資産は、土地などの不動産が多いと思います。

 

また、預貯金も分かると思います。

 

ただ、念のためにしっかりと資産は調べておくべきです。

 

土地や建物はわかりやすいですが、隠れた預貯金は気づきにくいかもしれません。

 

タンス預金ならまだしも、定期預金などは相続資産として管理が必要です。

 

 

 

 

家族葬式場 「相続の名義変更」へ続く。

 

 

 家族葬の葬儀会場を事前に調べておきましょう!

 

いい葬儀 バナー

 

健康人ネット

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ