家族葬 病院で死ぬということ

病院で死ぬということ

見逃せないオススメ情報!


病院で死ぬということ

病院で死ぬということ

 

父親の死を経験して思う事は、
病院で死ぬということが幸せでもあり不幸でもあるということ。

 

父の入院していた頃に病院で出会う患者さんの中には
家族に看取られることもなく、孤独に死を迎えた方もいます。

 

いつの間にかベッドが空き、また、いつの間にか誰かが入院してきます。

 

老人のための病院なので
元気に回復して退院ということはあまりないようです。

 

そんな時に読んだ本です。

 

 

『病院で死ぬということ』 著者:山崎章郎

 

医師であった筆者が、末期ガン患者として死んでいった人々の死を綴った物語だ。

 

 

 

父は末期ガン患者ではなく、年齢とともに弱ったカラダが原因で亡くなったのですが、
こういう本を読むと、最後の時をどう迎えるのか考えさせられます。

 

父の場合は、苦しむこともなく、
会うべき親族には会えたので安心して人生の幕引きが出来たと思います。

 

しかし、そのように最後を迎える方ばかりでもないのも事実です。

 

出来ることなら、納得の行く最後のために終活は必要な気がします。

 

 

 

 

 

家族葬式場 「介護問題」へ続く。

 

 

 家族葬の葬儀会場を事前に調べておきましょう!

 

コチラのサイトで簡単に資料請求できますからね。
※5000円割引券付きです。
あっ、エンディングノートももらえますよ。

 

 

全国対応のシンプルなお葬式 16.3万円?

 

 

全国葬儀社検索対応!【葬儀レビ】資料請求プログラム

 

葬儀のことでお悩みの方には【葬儀レビ】

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ